色々なマイレージカードについて

MENU

マイレージサービスの入会

マイレージサービスに入会するには、各航空会社で会員になる必要があります。会員専用のカードが発行され、チケットの代わりにカードでの搭乗やチケットの予約などに利用できます。
通常のカード発行は無料ですが、クレジット機能が付加されたカードは有料であることが多いようです。

 

マイルを貯めることが目的なら、クレジット機能付きカードの方が効率的に貯めることができます。マイレージカードは、各航空会社により様々なサービスがありマイルの使い道や、マイルの貯め方などで好みのものを選んでもいいでしょう。また、いつも使っている航空機会社があるのなら、マイルプログラムを調べてみましょう。

 

簡単に検討するなら、《インターネットでの検索》をお勧めします。検索サイトに《マイレージカード比較》と入力して検索するだけで、各カードの年会費やクレジット機能の有無、旅行保険などの付加サービスも比較検討することができます。

 

申し込みも、インターネット上から可能で、《申し込み》のボタンがなくても《詳細》をクリックするなどで申し込みページに移動することができます。マイレージサービスを提供している航空会社が経営破綻した場合など、マイルが失効するケースもあるということも覚えておいたほうがいいかもしれません。

 

 

↓ANAカードの詳細はこちら↓

 

 

『マイラー』という言葉をご存じですか?

 

 

マイルを熱心に貯める人のことを《マイラー》と呼ぶのだそうです。しかも《空マイラー》と《陸マイラー》があり、飛行機を利用することでマイルを貯める人が空マイラーで、クレジットカードの利用やほかの業種との提携により航空機の搭乗以外でマイルを貯める人が陸マイラーと呼ばれます。

 

通常マイレージカードには有効期限が設定されているので、空マイルだけで貯めることができる人はよほど飛行機に乗る機会が多い人だけでしょう。積極的にマイルをためるためには、ホテルやレンタカーの利用、ショッピングなど陸マイルを上手に利用することが重要になってきます。

 

また、航空機会社のマイレージサービスだけでなく、自動車の分野でもマイレージサービスが始まっています。このサービスは《ETCマイレージサービス》といい、各高速道路会社が運営しています。

 

ETCマイレージは、高速道路での自動料金収受システムを利用することによりポイントが付加され、ポイントに応じて高速道路料金を払うことができたりサービスエリアで利用できます。ETCマイレージのポイントも陸マイルと呼ばれることもありますが、ポイントと呼ばれることが多く、航空機会社のマイレージサービスとの差別化を図っているようです。

 

 

マイレージの簡単な説明

 

 

マイレージサービス、略してマイレージは、航空機を頻繁に利用する顧客むけの優待制度です。マイレージとはマイルで計った距離のことを指す英語です。航空機の飛行距離に応じてポイントが貯まり、普段の買い物のポイントサービスのように、航空券や座席のグレードアップなどに使えるサービスです。

 

どの航空会社でも、ポイントとは呼ばず《マイル》という言葉で表現され、飛行距離だけではなく座席のグレードや、閑散期かどうかなどいろいろな条件が加味されます。飛行機に頻繁に乗る顧客が、特定の航空会社を選ぶことによる利益は大きく、顧客の定着を狙ったサービスですが、最近では多様化も進んでいます。

 

日本で本格的にマイレージサービスが始まったのは1997年で、まだ10年程度と開始から日の浅いサービスですが認知度は高く、さまざまな分野へのサービス拡大が予想されています。マイレージサービスの会員が飛行機を利用するとマイルが貯まり、貯まったマイルは無料航空券や割引航空券に交換したりするほか、電子マネーやクーポン券への交換などもあります。

 

また、マイルの付加は航空機の利用だけではなく多岐に渡っていて、コンビニでの買い物やホテルの宿泊、レンタカーの利用や食事など、身近なところでどんどんマイルを貯めることができるようになってきています。