ANAワイドゴールドカードについて

MENU

ANAワイドゴールドカード

4種類あるクレジット機能と電子マネー(Edy)機能が付いたANAマイレージカードのひとつ《ANAワイドゴールドカード》は《ANAワイドカード》の上位カードです。サービスの内容はワイドカードとほぼ同じですが、クレジットカード会社からのポイント移行が手数料無料で利用できます

 

ANAワイドゴールドカードは下位カード(ANA一般・ANAワイドカード)より入会資格が厳しくなっていて、安定した収入があることと、一定以上の年齢が必要です。VISA・マスターカードは30歳以上、JCBは20歳以上とオトナのカードです。

 

年会費もオトナのお値段で、本会員:15,120円(税込)、家族会員4,320円(税込)と頻繁に利用しない人にとっては少々高い金額設定と言えるでしょう。

 

ボーナスマイルは、本会員にだけ適用される入会時と継続時の2000マイルのボーナスマイルと、本会員・家族会員ともに獲得できる航空機の搭乗マイルが、飛行区間の基本マイレージより25%多くなるというワイドカードと同じサービスです。

 

ただし各種保険が大変充実していて、国内航空傷害保険は最高5000万円、海外旅行の傷害保険はVISA・マスター5000万円、JCB1億円と保障額があがるほか、国内旅行傷害保険も付いていて保障額5000万円となっています。

 

各カードの利用限度額はVISAとマスターが70万円〜200万円、JCBは50万円〜100万円で、ワイドカードよりも高額です。

 

 

 

↓ANAカードの詳細はこちら↓